男性の脱毛についてどう思いますか

男性の脱毛についてどう思いますか

先日、職場で男性の脱毛について盛り上がりました。
ある男性の腕の毛がなくて綺麗ですねという話をしていたら、彼は脱毛しているんですと言いました。
その場にいた人達はびっくりしました。

 

私たちは男性が脱毛している事を初めて知ったのです。
しかも彼の場合、エステで脱毛しているそうです。

 

オネエとかでは無く、どちらかというと運動部系の彼なのですが、
ムダ毛はすごくきになるらしくエステにいっているそうです。

 

腕や足だけでは無く、脇もキレイでした。みせてもらってから職場の皆は大盛り上りでした。

 

脱毛している理由を聞いたら、見せる機会があるわけではないけれど、
女の子が考える同様ムダ毛はいらないという想いでエステにいっているそうです。

 

私は男性の毛はあまり気にならないですが、
どちらかというと毛深いよりはあっさりしているほうが好みなので、受け入れられました。

 

男性の胸毛にはちょっと抵抗あるので逆に男性の脱毛もありかなと思います。
でも中にはやはり男が脱毛っていうのに理解できない女性もいますよね。

 

恋人が自分より綺麗に脱毛しているのが羨ましいと思ったりもするそうです。
確かに自分よりツルツル綺麗になっていると気になるかもしれません。

 

脱毛に男女寛永ないのがわかりました。

メンズの脱毛エステサロンもそのうち当たり前に・・・?

韓流ブームは皆さんご存知でしょうか?
知らない方はもちろんいないでしょうが、あれ以降、日本では白くして綺麗な男性
モテるようになってしまいましたよね。

 

本来は男らしくあるべき男性も、その影響と不景気の影響2つのせいで
男でもメンズの脱毛エステサロンに通うという事態に陥っています。

 

となると、近い将来にメンズエステに通うのが男性は当たり前の世界
なってしまうかもしれないと感じたのです。。。

 

女性は綺麗で美しくあるべきでしょうが、それを男性に押し付けようとするのはよくないですね。

 

最低限の清潔ささえ保っていればあとはダンディであるとか、
男気のある格好をするのが人間として当たり前であると認識してもらいたいですよ。

 

女性は女性しか愛せないのか知りませんが、もっと異性のことも理解したらどうでしょうか?

 

このままだと、本当に誰もが、
日本中の男が脱毛メンズエステで全身ムダ毛を処理することになるのかもしれません。

 

綺麗であることはいいかもしれませんが、女々しいのはどうかと思いました。

男性の脱毛についてどう思いますか関連ページ

脱毛器を買ってきました
この前電気屋さんで脱毛器を衝動買いしてしまいました。 ワキのムダ毛は去年、医療脱毛レーザーで全部処理してもらいましたが、腕や足まではするお金がなくて、自分でカミソリで脱毛していました。
永久脱毛に憧れ中
最近暑さに磨きがかかってきましたね。 今年の夏はとにかく暑い。 例年なら夏でも上着を羽織ることが多い私でも、さすがに今年は上着なしで生活しています。
夏になると気になる脱毛
冬の間は、長袖&ロング丈のボトムスで過ごすので、ハッキリ言ってムダ毛の処理は怠っています。
ヒゲ剃りが面倒くさい日々
毎朝きちんとヒゲを剃って会社に行く? いいえ、私は毎日は剃りません。 面倒なので、三日ぐらい平気で剃りません。
腕を上げれば見える黒
暑い季節。 それでなくとも、お風呂上がりは冬以外、だいたい タンクトップなど軽めの服装になります。
とにかく視界にムダ毛が入ってしまうと
もちろん、自分のムダ毛です。 ウデや指先、 座ったときには足など、意識していてもいなくても ムダ毛チェックをしてしまうんです。
つるつるすべすべのお肌はあこがれの存在
いつでも「つるつるすべすべのお肌」というものは、あこがれの存在なのではないでしょうか。特に肌を出す機会が多くなった季節には、脱毛について考える機会も増えるのではないかと思いますよ。
全身を永久脱毛するのは実は不可能だった!?
耳を疑うかもしれませんが、実は体の全体に生えている体毛を永久的に脱毛するなんてことは本当は不可能なんだそうです。
両脇は脱毛処理をしています!
元々の体毛が薄く、少ない私はカミソリで剃ると濃くなるという話を信じ、 普段から特別なお手入れをしていませんでした。
大事な身体をキレイにする
私たちの身体の表面には、よく目立つ毛からあまり目立たない毛まで、様々な毛が生えていますよね。 しかし、人間の生活習慣の変化により、服を着るようになったので、その毛の多くが「ムダ毛」と呼ばれるようになりました。
まずは無料カウンセリングに行ってみよう
キレイなお肌を維持していくために必要なことというのは、「お肌に良いことをすること」ですよね。 何もせずにいたのでは、キレイなお肌にはなれないものですから、当然のことです。